ソフトテニス初心者指導

ソフトテニス初心者指導

ジュニア・ソフトテニス 初心者指導

すぐに上達する方法で
レギュラー 戦力になれます!!

 

みなさんはソフトテニスのご経験はありますか?球技の中でも、
ラケットを持って打つ球技はボールとの距離を掴むのが難しく、
上手くボールを飛ばせるようになるまでかなり時間がかかります。
ここでは、ボールとの距離感を掴むコツ
のソフトテニスの上達法をご紹介いたします。

ソフトテニス,指導,初心者,ジュニア,ソフトテニス初心者,ソフトテニス初心者

まず未経験の方がラケットを持つと、
コートの向こう側に正面に立って、
飛んできたボールにラケットを当てようとします。
まずこの立ち方が間違いです。
コートの向こう側に向かって直角に立ってボールを待ちましょう。
ラケットを持つのとは逆側の肩を相手に向けるイメージです。
そして、ボールが飛んできたら肩を
見せている方の手でボールを掴む練習をするんです。
このとき、ラケットを持っている手は打つ
準備をするために上げておきます。
打つ練習をする前に、
ボールが飛んできたときの自分の立ち位置を確認します。
これを何回も繰り返すんです。
違った場所でボールを捉えても、
上手く飛ばすことはできません。
ラケットを持つ球技は、

ボールに対して自分がどこに立っているか、が大事なんです。
利き手ではない方の手でボールを掴む練習を繰り返し行い、
上手く掴むことができるようになったら、
次は打つ練習に入ります。
先ほどと同じように、
利き手ではないほうの手で飛んできたボールを掴みます。
掴んだら、次は掴んだ場所に

ソフトテニス,指導,初心者,ジュニア,ソフトテニス初心者,ソフトテニス初心者


ラケットを持っていきボールを打ちます。
だいたい肩幅くらいに両足を開き、
利き手とは逆の足の上辺りでボールを掴み打ちます。
こうすると、ボールを打つときは重心は
ラケットを持っていない方にかかっています。
この方法で少しずつボールを遠くへ飛ばすように意識していきます。
ボールがラケットに当たるときに力を入れます。
この方法でボールを打つことに慣れてきたら、掴むのをやめて、

飛んできたボールをそのまま打つ練習をしましょう。
ボールとの距離感はつかめているはずですので、
何度か練習すれば上手く打てるはずです。
このように、
まずボールとの距離感を掴むことを意識して練習してみてください。

ジュニア向け ソフトテニス上達プログラム

ソフトテニス初心者でも

ソフトテニス,指導,初心者,ジュニア,ソフトテニス初心者,ソフトテニス初心者


一気に上達する指導方法

 

このプログラムを
ちゃんと実践すれば
たとえ、初心者でも
ソフトテニステクニック
がすぐに身に付きます。

 

ジュニアでソフトテニスを
指導するにも
指導されるにも

 

本気で上手くなりたい
上手くさせたいという方にはこれ以上の教材は
無いでしょう。

 

まだ基礎体力だけの練習させますか?

 

ソフトテニス,指導,初心者,ジュニア,ソフトテニス初心者,ソフトテニス初心者

へんなクセをつけずに効率的に指導ができます
指導者によって、その子のスキルが変わってしまいます

 

 

これを使えば安心です。
30日間でソフトテニス上達しなければ
全額返金いたします。
それくらい自信があるプログラムです。

 

ジュニア向け ソフトテニス上達DVD

 

 

ソフトテニス,指導,初心者,ジュニア,ソフトテニス初心者,ソフトテニス初心者